逍遙録

− ここよりはじまる −
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 抗議デモ、参加して来ました。
本日13:30より、フジテレビの偏向報道に抗議するデモへ参加してきました。
私は12:50ぐらいに到着したんですが、この時点で既に凄い人、人、人。

私は前半の第3梯団あたりにいたのですが、私が出発した時点でゆうに1万人は超えていました。
最終的に40分に渡るデモの終着点に到着した時点で、最後の梯団が出発したというのを聞きました。
検証動画なども出ていますが、3万人くらいは参加していたと思います。




ですが、警察より発表されたデモ規模は6000人。
何故人数を偽る必要があるのでしょうか?不思議です。

そして、明日のメディアはこぞってこのデモをスルーすることでしょうね。

デモは大変和やかに、整然としていました。
警察官がそれぞれの梯団を誘導していたのですが、誰も列からはみ出したりせず、本当に素晴らしいデモだったと思います。


私も今回、デモには一人で参加しています。
全く知らない方々とのデモでしたが、終着点まで到着した先発隊が後発部隊を終着地点で出迎え、拍手が沸き起こっていました。




私も沢山の方を出迎えることが出来ました。
「和を以って貴しと為す」、茶席で好まれる聖徳太子の言葉ですが、日本人が持つ、「和」の力を実感せずにはいられない一日でした。


※追記
そういえば、外国のオープンカーに乗った人が大音量でこの曲を掛けてデモ隊は大喜びでしたw


| comments(0) | trackbacks(0) | 23:18 | category: 日本の問題 |
# 取り合えず、8.21。

日本の問題として、色々なキーワードを取り上げて行きたいのですが、何分内容が濃すぎ&膨大すぎてまとめ切れていません。

日本に戦後在留している在日朝鮮人、あるいは在日韓国人と呼ばれる人たちには、本名とは別に「通名」という日本語名を使用している人たちがいます。
驚くべきことにこの通名は、銀行手帳の作成時などに使用が認められているのです。

私がこの事実を知ったとき、真っ先に思い浮かんだのが「オレオレ詐欺」でした。
私のような人間でも少し考えれば、この制度が犯罪の温床になり得ると分かります。
何故このような制度が認められるようになってしまったのかは、色々第二次世界大戦後の戦勝国側の都合などがあるようですが、戦後60年も経過した現在の日本では全く不要の制度であると考えています。

この通名については犯罪の容疑者名の報道時にも使用されています。
報道される犯罪の中では、性犯罪などに多いようですが、当然報道されない犯罪も沢山あることでしょう。
この1年間犯罪についての報道があれば、複数新聞で報道の内容を比較したりしてきましたが、朝日新聞、フジテレビについては通名のみの報道、その他報道各社については対応がまちまちでした。

最近では、愛知県でモデルのバイトをしていた女子大学生が殺害されていますが、この事件についてもフジテレビでは被疑者の自宅に掲げてあった「テコンドー」の看板を網掛け報道していたことを明記しておきましょう。

全くテレビ局が報道しない菅直人首相への献金問題についても、報道各局が「在日外国人」としか報道せず、当の首相にいたっては「外国人と気づかなかった」とコメントしています。

「外国人なのに、何故外国人だと分からないのだろう?」
と思いませんか?
NHKが報道開始から随分たってから苦し紛れに「在日韓国人」と報道していましたが、
・日本語を日本人と変わらないレベルで話せる
・通名を使用しており、世間的な認知は日本人と変わらない
のでは、確かに菅直人首相も分からなかったで済むと思うかもしれませんね?(笑)

ただ、通名報道に関していつも留意していたことは、逆に在日韓国人、朝鮮人の方に罪をなすりつけようとする日本人も事実、存在しているということです。
通名報道については知れば知るほど、疑心暗鬼になるのですが、事実が分からない以上、安易に言うべきことではありません。

先日、8月7日にフジテレビの偏向報道に対するデモがお台場でありました。
殆ど「まともな」報道はされていないようですが、今回のフジテレビの偏向報道に対する怒りの矛先は、サブリミナル効果を思わせる、既に「洗脳」の域に達している報道姿勢にあります。

韓国や朝鮮といった国にとって不利なことは何故か隠蔽され、韓国の文化などの情報を必要以上に繰り返し、親韓心情を植えつける。

つい先日も母に電話して反応を窺ってみましたが、やはり事情に興味の無い人にとっては「高岡蒼甫さんが人格的におかしい為に、離婚問題に発展している」ぐらいの認識なようです。

フジテレビの偏向報道への抗議ポスター、いろいろ


また、フジテレビはライブドア事件の後、大株主に「電通」「ソフトバンク」などの在日朝鮮系企業がいるようです。
ようです、というのも株式が公開されていないのでなんともなんですが・・・
ただ、ライブドア事件の事態収拾の為、フジテレビがソフトバンクへ支援を要請した経緯と、「韓流」が台頭してきた時期を鑑みれば、間違いでもないような気もします。
(電通については言わずもがな)
ソフトバンクについては先日の原発問題に関する国民への扇情的な自然エネルギー移行への誘導の動きを見ていると、思惑の先にエネルギー市場があることは明確ですので、私の中ではブラックリスト入り企業です。
(思想の次はライフラインを抑える、言い方を換えれば生活基盤を人質にとる、中々ニクイやり方ですね)

千葉市長のブログ


取り合えず、私は8月21日、お台場での抗議デモに参加してきます。
実は8月7日のサイレントデモ(通称、お散歩)にも参加してきました。
どのように報道されているか、平日の日中居ないので確かめようもありませんが、集まっていたのは本当に一般の方々でした。
日章旗を掲げた美女がモデルウォークしてるのは、実に壮観でしたヨ(笑)

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:03 | category: 日本の問題 |
# 少しずつ書きます。

先日、俳優の高岡蒼甫さんが、「フジテレビは見ない。 韓国のTV局かと思う事もしばしば。」とtwitter上で発言して所属事務所を解雇されました。

とうとう、ここまで来てしまったかという思いです。

現在、TV各局は高岡さんが過去にパニック障害を患っていたことを槍玉にあげ、「精神不安定でおかしなことを言っている」という報道をして論点を摩り替え、フジテレビの報道姿勢について高岡さんが批判した点については黙殺しています。

メディアがここまで腐りきってしまった以上、あまり時間はないと考えています。
少しでも多くの方に、日本で何が起きているのかを知って欲しい。

端的に言えば、「日本は朝鮮から文化的・精神的侵略を受けている」ということですが、事の重大さを肌で感じるには色々なことを知る必要があります。

このブログはごくたまに友人が覗いている程度だと思いますが、これから私がこの1年で調べてきたことを書きます。
私も仕事をしている1社会人で時間がない上、あまり物覚えも良くないし、素晴らしい思考力を持っているわけでもないので、あくまでも妻や母になって時間が無い友人向けに、「私の考え」という観点から細々とまとめていくつもりです。

当然、色んな意見があると思います。
これから書くことは、決して韓国民一人ひとりを貶める目的で書くのではありません。
私自身は、韓国人個人に対する特別な思いはありません。

友人にも韓国の俳優が好きな人もいますし、母はヨン様大好きです(笑)
ただ、個人対個人の問題と、民族対民族の問題は、全く異質で次元の違うものだと思っています。

日本では、国民が知るべき事実は何一つ報道されない
次の世代へ国を繋いでいくには、与えられる情報に依存せず、自ら情報を求めることをしなければいけません
私自身、「あの」オリンピックまでは自分で知ろうとすることはありませんでした。
でも無知なままでは、論点を摩り替えられ、真実をごまかされ、利用されるだけの国になります。

取り合えず、これから書いていきたいキーワードを列挙しておきます。
気になったら自分で調べてみることをお勧めします。

・在日朝鮮人
・通名
・外国人参政権
・TPP
・人権擁護法案


※新しくカテゴリを追加したので、この話題に関する記事は「日本の問題」カテゴリを辿ってください。

| comments(0) | - | 23:15 | category: 日本の問題 |
Recommend
ああ、堂々の自衛隊 (双葉文庫)
ああ、堂々の自衛隊 (双葉文庫) (JUGEMレビュー »)
宮嶋 茂樹
自衛隊のカンボジア派遣を軽妙なタッチで描く。笑えます。そして自衛隊の方々の苦労がうかがい知れます。
Recommend
何かのために sengoku38の告白
何かのために sengoku38の告白 (JUGEMレビュー »)
一色正春
尖閣諸島のあのビデオを何故マスコミへ持ち込まなかったのか。持ち込めなかったのか。是非ご一読いただきたい本です。
Recommend
民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる
民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる (JUGEMレビュー »)

スイスの民間防衛指南書です。侵略とは武力によるものだけではなく、情報戦略などの手段もあります。
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links