逍遙録

− ここよりはじまる −
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 真実は小説より奇なり 続き | main | コネタ。 >>
# 花王デモ 告知動画
8月7日、21日のフジテレビ抗議デモに引き続き、フジテレビのスポンサーとなっている企業の花王へのデモが決定しています。
(その他フジテレビへのデモ計画も続行しています)





平日のランチの時間帯に行われるということで当然私は参加できませんが、デモが実行されるということを知っていただき、その後のメディアの動向を見て頂きたいと思います。

当日自宅にいる方は、ustreamやニコニコ動画などで中継されるかと思いますので、実際のデモの様子をご確認頂きたいです。

その際に予想できることとして、特定団体からの妨害行為があります。

時々街中で黒いワゴンに菊の紋を大きく描き、大音量でスピーカーから音楽を流している街宣カーを見かけますよね。
俗に「右翼」として認識されていることが多いのですが、実際は「右翼」という団体に嫌悪感を抱かせ、護国・愛国活動を行う本来の右派団体から遠ざけようという意図を持って活動している人たちがいるようです。
(一部には純粋に愛国精神からやってる人もいると思われますが・・・)

8月7日のデモでは、警察からデモの許可が降りなかった為、他国の文化や民族への差別的な言葉は禁止し、「お散歩」としてプラカードや旗を持ってみんなで歩くというルールがありました。
多くの一般の人たちがルールを守って歩く中、禁止されていた他民族への罵詈雑言を叫び、座り込みをするなどの一部の人々がいました。(こういう人の多くが黒いTシャツを着ていましたね)

8月21日の大規模デモでも、同じようにルールを守らず、おかしな行動を取り始めた人が居た為、即効で警察に突き出されるという騒動もあったようです。
(私はその時騒いでるなとしかわかりませんでしたが)

何を言いたいかというと、フジテレビデモにしろ、花王デモにしろ、きちんと守るべきルールが存在し、参加者はデモの意図を理解してルールに則って行動しているということです。
他民族や他国の文化への差別的な発言はルールとしては禁止しています。
「あくまで日本の尊厳を守り、メディアに本来の姿を取り戻させる」為の活動だということをご認識頂ければと思います。
差別的な言動や威圧的な態度で嫌悪感を抱くような行動を取る人物がいるとすれば、それはデモのルールから逸脱しており、更に言えばデモから非参加者の目を背けさせようとする意図がある可能性もあります。


私がここまでフジテレビデモに対して肩入れしているのも、そもそもがメディアが本来の姿を取り戻さなければ、震災の危機にあって、日本の未来は守れないという考えからです。
現在は韓国礼賛、日本卑下の偏向報道を正面に出して活動されているデモですが、何れは政治面での偏向報道の糾弾にもシフトしていくでしょう。

原発についても先日福島第一原発の作業員が白血病で亡くなっていますが、報道はあくまで「原発事故による放射能は直接の原因ではない」というものです。
この報道を信じている日本人が一体どこにいるというのでしょうか?

また、被災地ボランティアがフジテレビの27時間テレビの現地報道設備の設営に借り出されたという話もあります。
被災者を想い、自費で現地へ向かった人たちの想いを何だと思っているのでしょうか。

こういったことに一般の人間が目を光らせて監視するには、限度があります。

原発事故に絡む放射能についての議論は、中立的な立場から専門に研究を行っている人間が、議論する為の材料を国民に提供すべきです。

次世代エネルギーについては、まず既存の原発の安全管理をどうするかが最優先検討事項であり、そういった議論もなく次世代エネルギー市場でソフトバンク1社が有利な状況に立つような流れがあります。
次世代エネルギーについては地道に研究してきた企業が中小企業も含めたくさんあります。
それなのに孫社長の涙ながらの訴えのみを報道し、扇情的に国民感情を誘導するのもおかしな話です。

震災後の危機にありながら、2次補正予算案は国会を通過するのにあれだけ時間を要したにも関わらず、菅首相の退陣前のドタバタ劇中でのエネルギー再生法案可決、朝鮮学校無償化への動きは大変すばやかったですね。

外国人の献金問題についても、さも大した問題でも無い様な報道の在りようには憤りすら覚えます。
もはや民主主義でも法治国家でもありません。

そういったことを国民に疑問すら抱かせない今の報道では、日中は仕事や育児に忙しい国民に、いくら目があっても足りません。

国民の益に叶わないようなことは問題提起し、糾弾する。
そして国民に対しては中立的な立場から判断材料としての情報を提供する。

このような報道精神の無いノンプロには、税金を投じている公共の電波を使う資格などあろうはずもありません。

※補足※
花王デモ告知動画で風見しんごさんが表示されますが、ご本人と今回のデモは何の関係もありません。
ネットで見たところによると、風見さんの娘さんがトラックに轢かれて死亡する痛ましい事故がありましたが、このトラックが花王の関連会社であったこと、その事実が報道規制によって社名が伏せられていたことに関連していると思われます。
| comments(0) | trackbacks(0) | 09:46 | category: 日本の問題 |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:46 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://syouyouroku.jugem.jp/trackback/69
トラックバック
Recent Entry
Recommend
ああ、堂々の自衛隊 (双葉文庫)
ああ、堂々の自衛隊 (双葉文庫) (JUGEMレビュー »)
宮嶋 茂樹
自衛隊のカンボジア派遣を軽妙なタッチで描く。笑えます。そして自衛隊の方々の苦労がうかがい知れます。
Recommend
何かのために sengoku38の告白
何かのために sengoku38の告白 (JUGEMレビュー »)
一色正春
尖閣諸島のあのビデオを何故マスコミへ持ち込まなかったのか。持ち込めなかったのか。是非ご一読いただきたい本です。
Recommend
民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる
民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる (JUGEMレビュー »)

スイスの民間防衛指南書です。侵略とは武力によるものだけではなく、情報戦略などの手段もあります。
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links