逍遙録

− ここよりはじまる −
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 某芸人が引退しましたね。 | main | 花王デモ 告知動画 >>
# 真実は小説より奇なり 続き

さて、前回の「韓国への偏向報道」トピックの続きです。

まずは、2010年のフィギアスケート世界選手権より、浅田真央選手のすばらしい演技、フリープログラムの「鐘」をご覧ください。
・・・・・と言いたいところですが、動画が始まったら38秒のところでストップ!!!





何が写っていますか?
お馴染みのパチンコチェーンが広告を出していますね。
でも、良く見てみてください。
「マルハン」の文字の右側に小さく、何が書いてあるのか。
お隣韓国の文字、ハングルです。

ちなみに、パチンコは韓国内では規制されており、営業を行うことができません。
賭博場が街中に氾濫し、国民生活を著しく害し、公序良俗に反するとの考えから2006年に全面廃止されたそうです。(素晴らしいですね!)

何故、韓国内で営業することも店舗を出すこともできないパチンコ企業が、わざわざハングルで広告を出しているのでしょうね?

日本には在日朝鮮系と言われる企業が沢山あります。
ソウルにロッテワールドがある製菓会社のロッテが有名ですが、パチンコは在日朝鮮系企業の中でも巨大な市場を持っています。
そして、賭博であるにも関わらず特別な税制度が敷かれていないことをご存知でしょうか。
(パチンコなぞ興味すらなかったもんで、私は知りませんでした。)

ちなみに、過去2008年に自民党政権下でパチンコを規制した際、韓国の大統領がこんなことを言っています。

---------------------------------------------------------------------------------
ウェブ魚拓「李次期大統領がパチンコの規制に言及」

李次期大統領が小沢代表と会談、参政権付与など要請


これは大統領当選を祝うために訪韓した在日本大韓民国民団の代表らから聞いた話として李次期大統領から小沢代表に伝えられたもので、パチンコ産業への規制強化の影響から在日同胞が苦境にあると話していたという。
---------------------------------------------------------------------------------

ヲイヲイ( ´∀`)σ)Д`)

自分の国では全面的に禁止するような施設を、日本では規制するなと言っている訳です。
在日朝鮮系企業からは相当な金額が韓国に流れているようですから、現在ウォン安に苦しみ、グローバル企業を優遇して国内投資が縮小していった韓国にとっては、重要な資金源というわけです。

そしてコレ、普通に内政干渉ですよ。
このパチンコの件以外にも李大統領は「外国人参政権」にも口を挟んでいます。

日本の周りの国々(と言っても中国韓国だけですけど)は日本の教科書に文句を言ってみたり、靖国問題に抗議して日章旗を燃やしてみたり、本当に日本のことが気になって仕方が無いようです。
そりゃ、本当のことが知れ渡って「戦後保障しろ!」と言えなくなったら大変ですものね。

ちなみに、資金源と言えば今流行りの韓流スターやK-POP。
韓国コンテンツ振興院(KOCCA)という機関があり、国策で推し進めているのは有名な話です。
中国や台湾でもゴリ押しが酷い為、台湾では規制する法案が出来たという経緯があります。

ちなみにフジテレビの関連会社「フジパシフィック音楽出版」はK-POPのCD著作権を持っており、韓流を押しまくってK-POPが売れれば、巨大な利益が懐に転がり込むという筋書きです。

日本企業が広告費を出して製作している番組内で韓国ポップカルチャーを売り込む。
番組内であれば、視聴者は「広告」として見るのではなく、それが現在の「流行」だと思うでしょう。
これが洗脳でなくて何だと言うのでしょうか。
公共の電波で私腹を肥やしているフジテレビの罪は重いと言えます。

日本も同じように日本文化を売り込めばいいという意見がありますが、私が言いたいのは「日本も同じような経済施策をとるべき」とかそんな生ぬるいことではなく、「日本には自主防衛する権利と義務がある」と言うことです。

韓国の李大統領の発言を追っていけば、韓国の日本に対する考え方が分かります。
彼らにとって日本は資金源と言った所でしょうし、外国人参政権が施行されれば移民政策を取って日本を牛耳ることも不可能ではありません。

「そんなことはあり得ない」と思いますか?
私はここまで追い込まれた日本の現状を見て、「あり得ない」は「あり得ない」と思っています。
何故なら、既にメディアが他国の都合の良いように捏造されてしまっていますから。

自民党から民主党へ政権交代したあの時、メディアは何を報じていたでしょうか。
安部総理や麻生総理の漢字の読み間違いなどを執拗に取り上げ、イメージ戦略を展開し、世論を「一度政権交代してみたら良い」という方向へ誘導しました。

自民党に対してはあれだけ執拗に揚げ足を取るような報道を繰り返していたにも関わらず、菅直人総理や前原議員についての外国人献金問題については全く報道しません。
この調子で今後も「人権侵害救済法案」がしれっと施行されて言論統制⇒「外国人参政権」が施行という感じでしょうか。





しかし、「鐘」は本当に素晴らしいプログラムです。
3:15あたりから始まるステップが私は大好きですが、見れば見るほど、炎が渦巻いている中の人の苦しみを、表現しつくしていると感じます。

私は、日本の直面している現実に気付かせてくれたこの演技を、一生忘れることは無いと思います。


| comments(0) | trackbacks(0) | 02:29 | category: 日本の問題 |
# スポンサーサイト
| - | - | 02:29 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://syouyouroku.jugem.jp/trackback/68
トラックバック
Recommend
ああ、堂々の自衛隊 (双葉文庫)
ああ、堂々の自衛隊 (双葉文庫) (JUGEMレビュー »)
宮嶋 茂樹
自衛隊のカンボジア派遣を軽妙なタッチで描く。笑えます。そして自衛隊の方々の苦労がうかがい知れます。
Recommend
何かのために sengoku38の告白
何かのために sengoku38の告白 (JUGEMレビュー »)
一色正春
尖閣諸島のあのビデオを何故マスコミへ持ち込まなかったのか。持ち込めなかったのか。是非ご一読いただきたい本です。
Recommend
民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる
民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる (JUGEMレビュー »)

スイスの民間防衛指南書です。侵略とは武力によるものだけではなく、情報戦略などの手段もあります。
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links