逍遙録

− ここよりはじまる −
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< リンク貼っておきます。 | main | 少しずつ書きます。 >>
# Why no looting in Japan?
という疑問が海外で起こっているようです。

・・・・が、略奪はあるんですよ。
日本人の誠実さを褒めて頂いたのにお恥ずかしい限り。

こんな状況下なのに、電車に乗っていると空調が付いていないことに文句を言う人もいたりするし、買占めはいたるところで起こっているし、ガソリンの抜き取り、被災地での空き巣なども発生しています。
こんな非常時に被災地の方々を思いやることが出来ないなんて。
でもここで安全に胡坐をかいて日々過ごしている私も似たようなもんなんでしょう。

私は知らなかったのですが、阪神大震災の際もコンビニ等での略奪、夜間の性犯罪は多発していたようです。
ただ、報道されなかったから分からなかっただけ。

略奪が起こらない、という報道に対して、ネットの間では「日本人の民度が高いからだ」などと誇らしげなコメントを見かけますが、私はこの「民度が高い」という言葉が嫌いです。

他の民族を落として自らを持ち上げるような意識が見え隠れするから。
こと中国、韓国に対してこの言葉は多く見かけます。

ほんとに崇高な精神の持ち主は、きっと、私は民度が高いなどと胸を張ったりしないことでしょう。
私はこと外交に関しては諸外国に対して法制度上、粛々とやるべきことはやる、というスタンスですが、政治と、その国に住む一人ひとりの心は直結していません。

結局、中国だろうが韓国だろうが、結局はその人の人となり。
実際、仕事で韓国の方とも中国の方ともご一緒したことがありますが、皆さん優しく思いやりのある方々でした。

日本という国が、外国に比べて略奪や性犯罪という違法行為が少ないというのなら、それはこれまで日本を支えてきたはるか昔からの先人たちのおかげ。
先人たちが築いてきた精神性が、まだ少しだけ現代の日本人に残っているから。

先祖に恥じない国でありたいものですが、これからの一人ひとりの振る舞いにかかっているんでしょうね・・・。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:11 | category: - |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:11 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://syouyouroku.jugem.jp/trackback/58
トラックバック
Recent Entry
Recommend
ああ、堂々の自衛隊 (双葉文庫)
ああ、堂々の自衛隊 (双葉文庫) (JUGEMレビュー »)
宮嶋 茂樹
自衛隊のカンボジア派遣を軽妙なタッチで描く。笑えます。そして自衛隊の方々の苦労がうかがい知れます。
Recommend
何かのために sengoku38の告白
何かのために sengoku38の告白 (JUGEMレビュー »)
一色正春
尖閣諸島のあのビデオを何故マスコミへ持ち込まなかったのか。持ち込めなかったのか。是非ご一読いただきたい本です。
Recommend
民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる
民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる (JUGEMレビュー »)

スイスの民間防衛指南書です。侵略とは武力によるものだけではなく、情報戦略などの手段もあります。
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links