逍遙録

− ここよりはじまる −
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< オリンピックその2 | main | めまいが〜 >>
# 今回のオリンピックに関する偏向報道について

読んで下さってる方も、いい加減オリンピックに関する記事には飽き飽きしているかもしれませんが、今日は政治に関しての話題です。
別に政治に詳しいわけでもないし、読んでいてあまり楽しい話題でもないかな?と思いこれまで意識的に避けてきた話題です。


先日から私がオリンピック記事を書いていたのも、今回のオリンピック報道に関して只ならぬ違和感を感じていた為です。
法律には詳しくありませんが、どっちかというと野性の本能で。



この国の報道はおかしい。
異常です。



先日書いた記事にも少し触れましたが、オリンピックで素晴らしいスポーツ精神を見せてくれた日本の選手たちに触れもせず、キムヨナ選手を礼賛する報道があまりにも目立っていました。
入賞者はフィギアだけではありませんでしたが、フィギアでは出場選手が全員入賞という快挙ですよ?
それに触れもせず、何故かマスコミは「キムヨナvs浅田真央」という構図に拘り続けた。
それだけでなく、キムヨナ選手を異常なまでに称え続け、「浅田真央はキムヨナには遠く及ばない」という情報を流し続けた。
技術的には浅田選手が明らかに勝っており、異常な加点の為の点数差、二人の総合力で言えば実質のところ点数差は1,2ポイントくらいしかないはず。


日本人の懐の広さで、そのスポーツマンシップに則った素晴らしい選手二人の闘いを褒め称えたかったからでしょうか?
確かに態度が悪かったとはいえ、国母選手の態度や言動に対し、あそこまでバッシングを繰り返したマスコミがそんなに心が広いわけない。


「私の考える正常な反応」というのは、今回の「キム選手に対する異常な加点について徹底的に追求する」「自国の選手を褒め称える」という類のものです。
別にそうすることが正しいと言っている訳じゃありません。
国家という枠組みを与えられた人間というのは、自国礼賛に走るのが普通の反応だと考えています。
国の規模が大きくなればなる程、枠組みが強くなればなる程、それを求める力は大きくなって、国民というのは自国の素晴らしさを認識したい、自国の利益を阻害するものを糾弾したい、普通はそれが報道に求められる「ニーズ」だと思うのです。
そういった「偏向性」に対して嫌悪感を抱いたり、正しい報道がなされるべきというのはまた別問題です。


でも、今回この国の報道は全く違うベクトルをとった。
今回、私が感じた「違和感」はここにありました。


まるで、国民の意図とは別に、背景で何か大きな思惑が報道を動かしている。
そう感じました。
今までだって、正しい事実だけの報道なんてなかったとは思いますが、事実というのは直接その事象に触れない限り分からないもんです。
今回、想定できる「普通の反応」とあまりにも食い違ったために、違和感を感じたんです。


ここまでが、私が本能的に思ったことです。
こっからが、ネットでまことしやかに囁かれていた(今や叫ばれている)噂。


違和感を感じてから、今回の「異常な加点」や「報道」について色々ネットを巡ってきました。
ネット上には事実もあるけど、嘘やあおりなんかもたくさんあります。
そこでどんな情報を取捨選択するかは、ほんとに独断と偏見ではあります。


「浅田真央」「電通」


この二つのキーワードで検索してみて下さい。
まことしやかな「都市伝説」な記事がたくさん出てきます。


数年前に「韓流」ドラマが流行りだした頃、たまたまどこかの記事で「韓流」は電通が仕掛けた、という記事を目にしました。
その時は「はーん、広告代理店は流行を作り出すことまでしてんだなーファッションと似た様なもんだし当たり前かな」と呑気に見ていました。


日本人はどちらかというと受身的な国民性を持っていると思います。
それは「情報」に対しても同じ。
テレビから受容する情報というのは、どちらかというとあまり疑うことをしないように思います。
私も例に漏れず、法律に詳しくないこともあって、何が間違いで本来はどうあるべきかという判断は、こと政治に関しては媒体から受け取る情報に頼りきっていました。
(ま、他にどこから・・・という話ですが)
ですから、テレビから受け取る「報道」というのは、日本人の思想形成に関して、子供たちに対する教育と同じくらいに効果的なのだと思います。
そう、「洗脳」と言える程に。


ネット上の情報から導き出される「都市伝説」。
笑い飛ばすことも、馬鹿馬鹿しいと吐き捨てることも出来ます。


でも、私は今回の報道に対して余りにも違和感を抱きすぎた。
一つのテレビ局ならまだしも、全てのテレビ局が揃いも揃って同じ反応をしてくれた。
これだけの報道を動かす背景にある「大きな圧力」は一体何なのか、否が応でも考えさせられました。


今後、日本のマスコミからもたらされる情報のどれをも、信じることは出来ないように思います。

前回の選挙時にも民主党のマニフェストには胡散臭さしか感じませんでしたが、何故こんなにも「外国人参政権」や「夫婦別姓」、財源が無いくせに「子ども手当」「高校無償化」をゴリ押ししているのか、自分の中で一本の線になりすとん、と落ちた気がしました。
(※ちなみに、ワタクシ、夫婦別姓には賛成でした。だって、女性側の苗字消してたら日本全国のおもしろ苗字が消滅してしまうやないのッ!でも今回の件で反対派に。)


今回の件で、浅田選手には本当に感謝しています。
彼女は巨大な圧力に対し、ただひたすら練習して、氷の上で自分を表現することに徹して戦ってきた。
(もしかしたら彼女の「声」さえマスコミが奪っていたのかもしれませんが)


ラフマニノフの「鐘」。正確には、『前奏曲 Op.3-2』と言うそうです。
この鐘には「警鐘」という意味もあるらしい。
タラソワコーチが「フィギアスケートの未来」に対して警鐘を鳴らす意味で、浅田選手に託したのではないかといわれています。


でも私にはこの国に鳴り響いている「警鐘」の気がしてなりません。

 

 

| comments(0) | - | 23:16 | category: 日々逍遙 |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:16 | category: - |
コメント
コメントする









Recommend
ああ、堂々の自衛隊 (双葉文庫)
ああ、堂々の自衛隊 (双葉文庫) (JUGEMレビュー »)
宮嶋 茂樹
自衛隊のカンボジア派遣を軽妙なタッチで描く。笑えます。そして自衛隊の方々の苦労がうかがい知れます。
Recommend
何かのために sengoku38の告白
何かのために sengoku38の告白 (JUGEMレビュー »)
一色正春
尖閣諸島のあのビデオを何故マスコミへ持ち込まなかったのか。持ち込めなかったのか。是非ご一読いただきたい本です。
Recommend
民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる
民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる (JUGEMレビュー »)

スイスの民間防衛指南書です。侵略とは武力によるものだけではなく、情報戦略などの手段もあります。
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links